シワ

乾燥した部分にシワができる

色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、ナカナカ疲れがとれなかったり、目の下に横たわるクマとかほうれい線がなんだか急に顔の中で目たつ存在になってきたように思えます。

38歳になるまでは、一日のオワリに肌がくたびれていても、適切にケアしてやれば次の日の朝にはゲンキになっていたと思うのですけど、38歳以降にはもう肌がゲンキになるまでに、すごく時間がかかるようになってしまい、疲れた状態がつづいています。

ゲンキになる日がくるのでしょうか。

45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。いままでと同じような髪型や色が合わなくなってくるなど、本人にも自覚できる兆候はあるのだそうです。眠っても疲れがとれないようになってきて、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が本人以外にも目に見えるようになってきます。以前は肌のコンディションが良くないと感じても、後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、なぜだか急に、復活しなくなってくるのです。肌から疲れが抜けなかったと感じる日も増えたりして、そろそろ対策をすべ聞かと思っています。年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。

それでも、何か改善できる手だてがな生かそう思うのが女心というものです。私の場合で言うと真っ先にビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)C誘導体を試し、加えてハイドロキノンも試みてみましたが、結果として満足できず、現在はレチノールを使用中です。

最終的に、シミを取り除くには、レーザー治療ということになるのかもしれません。年齢に合わせてシミが増えてしまうと、悲しい気もちになってしまいます。若い人の肌が目に入ってしまうと、シミ知らずの潤ったキレイな肌で、お化粧なんかもバッチリのっているのが妬ましいです。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、日々の紫外線対策や肌の老化防止を心がけます。

体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。

以前、雑誌で話題になっていたダイエット(ファスティング)して、引き締まるところが引き締まったので、全体に良い感じのボディラインになりました。

きれいになるためにそれなりの苦労をして、睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか換らず、なぜかお肌に目たつ皺ができてしまいました。きちんとメソッドに沿ったダイエットのつもりでしたが、どこが悪かったとかは思い浮かびませんが、とりあえず普段は酵素を飲むくらいにとどめ、スキンケアを集中的にするつもりでいます。またダイエットできるようになると良いのですが。エイジングケアではコラーゲンの取り入れがとても重要だと思います。

コラーゲンは肌の弾力性や輝きを供給してくれます。

若い頃のようなプリプリの表皮にするには、コラーゲンが必要不可欠です。コラーゲンが豊富にふくまれている食物やサプリメントで補給するのが有効なようです。カビが生えやすい時節と言えば、やはり梅雨ですが、高温多湿な時節は、私達の肌に日頃から存在している菌も増えるのが当然でしょう。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する皮膚にみられる病気で「でん風」と呼ばれているものは、体の部位を選ばず発症します。

一見、シミのように見える茶色いでん風もありますが、色素が抜けたように白くなるでん風もあるのです。

なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、皮膚科へ行き、医師に相談すると良いと思います。

柑橘類のみかんなどはビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)をたくさん含んでいるのでお肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために食べて欲しいものの一つです。ただ、食べ方には注意しましょう。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘系の果物に特に多くふくまれる一部の成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、逆にシミの原因になることもあるそうです。

。美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べるのがおすすめです。お茶には多様な種類がありますが、その中でも緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、加熱などでビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cが壊れることを防ぎ、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cの力を十分発揮させる作用があるのです。メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためには有効なビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cをたくさん摂りたいところなので、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cとカテキンを同時に摂取出来るなら、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを防ぐことができるでしょう。

基礎化粧品はお肌にその通りつけるように創られていますので、効果そのものも当然重要なのですが、どんな素材でできているのかにもこだわりたいものです。お肌にダメージを与えないためにも、成分や原材料をよく確認して、化学合成入っていない製品、可能な限りオーガニックな素材のものを選ぶのが良いと思います。